新入社員の社員研修の方法

ビジネスマナーを学ぶ

新入社員を教育する事は会社にとって、使える人材を育てる為に大切な事です。
基本的な事を社員研修によって身に付ける事で、会社の顔として電話を受けたり窓口対応をする事が出来るようになります。
ビジネスマナーに必要な、報連相は社員研修の定番でありとても重要になります。
報告の仕方が分からなかったり、連絡や相談が出来ない社会人は仕事をする上で大きなトラブルを発生させる原因になります。
誰がやっても同じように報連相が出来るようにする事を、社員研修で学ぶことが出来ます。
名刺交換や電話対応などにも基本的なルールやマナーがあり、それらをいきなり実践する事は難しいです。
社員研修によって学ぶ事で、先方に失礼の無い対応をする事が出来るようになります。

新入社員が学ぶルール

お客様や上司と仕事をしていくうえで大切な事は、組織のルールを学ぶ事です。
出社時、勤務中、退社時にはそれぞれ守るべきマナーやルールがあります。
具合が悪いので会社を休むといった時、どの様な判断で行動が正しいのかを理解できていない人が増えてきています。
また交通トラブルにより遅刻するといった時、少しの時間だから問題ないと判断してしまう人も多くいます。
上司との関係が良好であっても、最低限守るべきマナーやルールは守る必要があります。
職場でのコミュニケーションの取り方も、先輩との関係がプライベートに及ぶほど良好でも、職場では周囲の人が見ている事を頭において接触する事が大切です。
敬語などを使わない関係でも、仕事の話をしている時は敬語を使うなど線引きする事が大切です。