社員研修で心得ておくこと

社員研修の目的について

会社の売り上げを伸ばすためには、社員の能力を高めることが必要です。業務を通して自然に高めてくれれば良いのですが、習うより慣れよというのは昔の話です。そこで社員研修を行うことが必要になってくるものですが、その目的が会社のためとなると上手くいかないものです。売り上げを伸ばすことはあくまで結果であって、目的はあくまでも社員自身のためである必要があります。そうでなければ、社員のモチベーションが高まらないからです。売り上げを伸ばすのは、社員の仕事への取り組む姿勢です。そしてそれを実行に移せるスキルを持つことが必要となるわけです。そのために社員研修を行って、自分が目指す目的を果たせるように手助けするわけです。

効果的な研修のコツについて

社員研修を効果的なものとするためには、それが自分自身の成長につながることを知ってもらうことが必要です。あくまでも会社のためとなると、なかなか講習の内容は身につかないものです。そこで、社員研修を通してどのように成長して欲しいかを伝えることが有効です。ただし、会社で掲げる理念に関してはきちんと周知することが大事です。会社の理念はいわば、共有すべき価値観となります。社会や顧客に対してどのように対応するのか、その指針を示して共有することにより、携わる社員に関わらず高い品質を維持することができます。その上で、それぞれが自由に仕事に取り組むことができるように手助けをするというわけです。求められる技能を伝えるという意識が大切です。