社員研修に求められるものとは

社員研修に必要なもの

社員研修とは、いくつかの目的があります。
例えばその一つとして、新入社員に向けて、仕事をするうえでの心構えや、新人のスキル、持っておくべき情報について指針を示すものです。
次に、既に働いている職員に対して、新たな情報伝達やスキルを伝えるものです。
そのいずれも欠かすことができず、目標を誤ってあやふやにしてしまうと、参加者も何が何だか分からない研修になってしまいます。
そのため企画者は、しっかりとしたシラバスを作成して、研修に臨むことが必要です。研修毎に明確な研修内容を定めて、それに沿った内容のテーマ・講師・内容を考えていくようにします。これが、参加者の理解を得て、職場のレベルをアップすることにつながる研修です。

その内容とノウハウとは

それぞれの研修において、先に挙げたようにシラバスを作成することから始める必要があります。
シラバスとは、研修の目的・到達目標・テーマ・研修講師・タイムテーブル・詳細といった内容で立案します。研修の企画を決めるにあたっては、シラバスを作成することが極めて重要です。
社員研修とは、その目的や対象者がどうあれ、経験年数毎に具体的にどのようなレベルアップを図るかの狙いを明確することも重要です。
ターゲットが明確になれば、その課題を洗い出すことができますし、課題の解決方法を導くことも可能になります。その課題解決型の研修を企画することも一つです。
内容としては、座学の研修の他、ロールプレイ、事例検討、グループワークなど、その目的に応じて検討することで、研修の幅が広がります。