社員研修の方法について

社員研修の種類について

社員の教育となる社員研修には、幾つかの方法があります。大きく分けると、社内で行うものと社外で行うものがあります。社内で行う場合にも、社員が研修を行うケースと、社外から講師を招くケースとに分かれます。それぞれにメリットなどは異なるので、用途に合わせて選ぶことになります。まず社内で社員が社員研修を行う場合には、コストがかからないという利点があります。そして現場の業務に関して具体的に講習を行うことができるので、すぐに実践できるメリットがあります。課題としては、教える側にも効果的な教育を行うスキルが求められるので、担当者のスキルによって効果が左右されることが挙げられます。また担当者にはビジネスマナーに関する体系的な知識が必要になります。

種類によって異なるメリットについて

社員研修を社内で行う場合、社外から講師を招くケースもあります。コストはかかりますが、ビジネスマナーを体系的に学ぶことができるメリットがあります。ただし、講習の内容は普遍的なものとなるので、実際の業務でどのように生かすのかは社員に委ねられます。そして社外の研修に参加する形ものもは、他の会社の人達と合同で行われることが多くなります。この場合には、異なる社風を持つ人達と接することによって、刺激を受けることができます。それを講習内容と共に会社に持ち込むことによって、新しい風を吹き込むメリットが生じます。現場の業務に役立つ研修を受けるのか、それとも一般的なビジネススキルを身につけるのかによって、どんな社員研修を受けるのかが変わることになります。